人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

いつから家庭教師を利用するべき?

子供に家庭教師をつけたい場合、いつから申し込むのがベストなのか迷われる方が非常に多いです。

今回は家庭教師を申し込む際のメリットやデメリット、ベストな申し込み時期について紹介していきます。

 

 

 

家庭教師に依頼するメリットとは?

子供の成績を伸ばしたい場合、塾が良いのか家庭教師が良いのか迷われる方は多いです。

しかし実際は家庭教師の方がメリットが多いといわれています。

その理由は、一人一人に合わせた授業を自宅で受けることができるからです。

勉強で一番大切なことは自分がどこでつまずいているかを理解することです。

そのためにはマンツーマン指導が一番適しています。

自宅で授業を受けることで生徒は過度に緊張することなく普段通りに勉強することができます。

また教師の場合も、生徒の苦手分野を細かく観察でき、克服させる対策を練りやすいのが特徴です。

しかしここで大切なことは教師と生徒の相性です。

ベテランの教師が担当した場合でも生徒が心を開いていなければ授業のモチベーションや理解度は低くなってしまいます。

そのため保護者の方は、必ずお子さんと教師の相性が合っているかを定期的に確認するようにしましょう。

またマンツーマン指導の場合、生徒に合った授業回数や指導時間などを教師から提案してもらうことができます。

自宅授業のため、通学などの無駄な時間がありません。

その時間も全て勉強時間に回せるため、非常に効率の良い勉強をすることができます。

 

家庭教師に依頼するデメリットとは?

家庭教師におけるデメリットは周りにライバルがいないことです。

塾では集団授業や個別指導を選んだ場合でも周りに人が大勢いるため、気を抜けない緊張感があります。

そのため集中して勉強に取り組めるメリットがあります。

しかし場合によっては、周りに人が多いため、恥ずかしくて質問ができない生徒が多いのも現状です。

大切なことは質問しやすい環境で授業を受けることです。

性格が、おっとりして優しい方や、一人の方が集中できる方は、家庭教師に依頼するようにしましょう。

また家庭教師に依頼した場合でも、希望すれば全国模試などに参加することが可能です。

周りの勉強の様子が気になる方は、ぜひ積極的に利用してみましょう。

その他のデメリットとして教師が自宅にくるまで、子供との相性を確認できないことです。

しかし万が一、教師との相性が合わない場合も全く心配ありません。

基本的に無料で教師を交換してもらうことが可能です。

初回から希望の教師にきてもらうためには、できる限り細かく希望を伝えることが大切です。

お子さんの性格も事前に伝えておいた方が相性を考え、希望に合った教師を派遣してもらえる可能性が高いです。

どのような教師が苦手かもハッキリ伝えておきましょう。

教師との相性が合えば短期間での成績アップが期待できます。

不安な点は依頼をする際に、事前に全て質問しておくようにしましょう。

 

家庭教師を依頼するタイミングについて

家庭教師を依頼するタイミングは人により様々です。

しかし小学校6年生頃から依頼している方は中学校で好成績を取っている傾向があります。

中学校での授業は小学校での授業を全て理解できていることを前提に授業が進められています。

そのため小学校で理解ができていない分野が合った場合、中学校に入ってからの授業は大変になっていきます。

中学校に入学すると3年後には高校受験を控えることになります。

中学校では最初からできる限り苦手分野を作らず勉強についていくことが望ましいといえます。

小学生から依頼していた方は苦手分野を全て克服した状態で中学生になることができます。

自宅学習の習慣もついているため、中学生になって部活が忙しくなった場合でも安心です。

遅い時間に帰宅しても自宅で授業を受けることができるため防犯面の心配なく集中して勉強することができます。

そのため小学校のうちから、家庭教師に依頼することを視野に入れてみましょう。

 

小学生のうちから家庭教師を依頼した場合、学習理解度が高くなり、中学校で好成績を取得している傾向があります。

勉強は日々の積み重ねが大切です。

早いうちから自宅学習の習慣を身に付け、勉強で苦手分野を作らないようにしましょう。

 




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
第4位 名門会
記事一覧