人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

東京の会社所属の家庭教師と個人契約の家庭教師に違いはある?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/27

子どもの学力アップのために家庭教師を依頼しようと考えたけど、個人契約と会社所属の家庭教師のどちらを選べばいいか迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。

そんな方たちに向けて今回は東京の会社所属の家庭教師と個人契約の家庭教師の違いについて解説します。

相性の合う家庭教師の見つけやすさが違う

東京の会社所属と個人契約の家庭教師の違いは、相性の合う家庭教師の見つけやすさです。個人契約だとインターネットから自分で家庭教師を探す必要があるので、どんな人が来るのか会ってみないとわかりません。また相性が合う人を見つけるまで、何度も面談を行わなければならないので、時間と手間がかかります。

一方、会社所属の場合は、入会前に体験授業を行うことができるので相性の合う人を探すことが容易であるという特徴があります。実際に指導を担当する人の体験授業も受けることができ、気に入った人を見つけるまで何度も体験授業を受けられる場合があります。したがって相性の合う人に出会いやすい傾向です。

さらに気に入らない人を断る場合にも、会社が間に入ってくれるので断りやすいです。個人契約の場合だと直接断りの連絡を入れなければならないので、断りにくいという特徴があります。東京で相性が合う家庭教師を気軽に見つけたいのであれば会社所属の人を選ぶのがいいでしょう。

指導料金の明確さにも違いがある

個人契約と会社所属では、指導料金の明確さにも違いがあります。個人契約の場合は話し合いで決めることが多く、家庭教師が提示する金額を利用する側が応じるケースがほとんどなので、相場を知っていないと高い料金を請求されてしまうこともあり、注意しなければなりません。個人で契約する場合は、必ず料金に関して交渉をすることがポイントになります。

一方、会社所属の場合は、ホームページなどで料金を開示していることが多いので、それを確認することによって指導料金を知ることができます。会社所属では、生徒の学年によって金額が違うケースが多いです。

さらに指導内容の管理の面においても、個人だと指導者次第になりがちですが、会社所属の場合は指導者任せにしないで会社できちんと管理してくれるので安心です。定期的な指導研修も行っており、質の高い指導を受けることができます。この点においても、会社所属の方がメリットを感じられる傾向です。

契約時の安心感にも大きな違いがある

個人契約の場合は契約書を作成しないことが多いので、トラブルの原因になっているということを知っているでしょうか。後々のトラブルを防ぐためにも、必ず契約書を交わしておくことが大切です。個人は会社よりも安いというイメージがありますが、あっせんサイトから多額の紹介料を請求されるケースもあるので注意が必要です。

会社所属の場合は、あっせんによるトラブルもなく、契約書を交わすケースが多いので、安心して利用することができます。 また受験に関する情報量も、個人だと自分で調べなければならないので限定的になってしまいますが、会社所属は、スタッフが多いという特性を活かして、さまざまな受験情報を提供しています。

受験情報についてしっかり教えて欲しいを考えているのであれば、会社所属がおすすめです。会社所属は、受験情報やノウハウが蓄積されており、過去問や出題傾向などから、志望校の対策を十分に行ってくれるというメリットがあります。

 

東京の会社所属と個人経営は、相性の合う家庭教師の見つけやすさや指導料金の明確さ、契約時の安心感などに違いがあります。これらの違いをよく知った上で、子どもに本当に合う家庭教師を選ぶようにすることがポイントです。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧