人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師が教える時のソーシャルディスタンスは?

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/27


感染症予防の観点から、塾や予備校通いの代わりに家庭教師を選ぶ家庭が増えています。個別で苦手分野を伸ばす、マンツーマンで細かい指導が受けられるという従来の利点のほか、不特定多数との接触機会が減り受験前の健康不安が軽減されるのもよい点です。そんな家庭教師の家庭内でのソーシャルディスタンスや感染対策についてご紹介します。

接触者が明確で感染対策を取り入れやすい

塾や予備校と違って、家庭教師は基本的には毎回同じ人間かもしくは学科ごとに決まった人間が担当します。個人で契約する場合を除き、派遣会社を介して依頼した教師はレクチャーの基礎がしっかりしているのももちろん、家庭教師を管理する会社のルールにも従っているので、出勤前の検温や体調管理を徹底して行っている方がほとんどです。

東京の塾や予備校では、受付の方、クラスメイト、資料を作る人、配る人、教員などなど、直接接することはなくてもひとつのクラスに数多くの人が関わっています。新型ウイルスは空気中の感染といわれるため、数多くの人間が出入りする場所ほど感染リスクがあがります。

しかし家庭教師は最初から最後まで一人の人間が担当し、各家庭が定めたソーシャルを守り、家の玄関や部屋に入室する際には徹底した消毒を行うなど健康管理もしっかりしています。またそれを家庭の方が見ながらチェックできるので、対策が不充分に思えた場合は直接お願いする事も可能です。万が一の場合は接触者を個人として把握できているので、連絡を取り合うこともできます。

授業中のソーシャルディスタンスの保ちかた

狭い個人の部屋内で家庭教師の授業を受ける際も、さまざまなアイテムと換気でソーシャルディスタンスを守れるような工夫がされます。部屋が広い場合は、家庭教師と生徒さんが2m以上離れて会話して授業を進行するのが一番おすすめです。しかし東京内の住宅では子ども部屋では間隔がとれない場合が多くあります。

その場合は家庭教師がマスクとフェイスシールドを二重にし、生徒さん側もマスクをすることでお互いの会話で生まれる飛沫での感染リスクがぐっと下がります。具体的な距離を伝えにくい場合は、事前に生徒さんとご家庭の方で家庭教師に座っていただく場所を決めておくこともおすすめです。

対面式よりも横並びのほうがお互いの飛沫が飛びにくいという実験結果が出ていることから、机で向かい合って椅子をおくよりも、椅子を横並びであらかじめ配置しておくことや、同じ机を共有せずにノートのみを受け渡しで見てもらうなどもよい方法です。

より接触機会を下げるためには、飛沫防止のアクリル板も効果的です。今はサイズも豊富に展開され、ノートの受け渡しがしやすいような開口部がついた受付用アクリル板なども多く揃っています。

ソーシャルディスタンスを保つ便利なアイテムと工夫

家庭教師と生徒さんの間隔を充分に保ち、お互いがマスクをつけた状況で授業を進めていくことが一番よい方法ですが、部屋の状況や住宅やビルの多い東京の環境では満足な対策が取れない場合も多くあります。部屋の中で会話する際は、感染防止のために窓やドアを開けておくことが世間では推奨されています。

しかし勉強中は隣の騒音が気になりやすく、外の音が入ってくると気が散る事も多くあるでしょう。集中することに注力すると、なかなか換気もしにくい状況です。そこで便利なのが、家庭教師側がマスクの上からフェイスシールドで二重に防備をすることと、除菌ティッシュを持ち歩くことです。簡単に入手しやすく比較的価格の安いアイテムなので、家庭教師側が持ち歩いていなくても、家庭で準備して毎回渡して使ってもらうことができます。

マスクは目の下の隙間から飛沫が出てしまう点が指摘されている世の中ですが、上からフェイスシールドをかぶれば万全です。生徒さんは文字が書きにくいので、家庭教師側がつけるほうがおすすめです。またノートやペンに触れる前に除菌する習慣をつければ、お互いが何に触れたか把握しながら安心して勉強を続けることができます。また家の玄関に除菌マットを設置することも効果的です。

 

オンラインの授業なども豊富で今の世の中にはぜひ取り入れたい家庭教師による勉強法は、勉強にあたって接触する人数が少なく、このように家庭内でもソーシャルディスタンスを保つためのさまざまな工夫が実践できて受験前の健康不安をぐっと軽減できます。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧