人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

東京で家庭教師を依頼するときの交通費の決め方

公開日:2019/12/01  最終更新日:2019/11/18

さまざまな理由から家庭教師の依頼を検討した時、気になるのが交通費です。契約先が会社か個人かでも交通費に違いがありますし、どのような方法で先生がやってくるのか、移動の手段や時間など雇う相手によっても違いがあるので、きちんと話し合って双方が納得できる金額にすることが大切になってきます。

交通手段と距離により決める方法

家庭教師の交通費を決める方法としては、交通手段や距離で決めることが一般的です。東京にも数多くの家庭教師が存在しており、それぞれどこからやってくるのかの違いはあります。少しでも無駄な出費は減らしたいと考えるのであれば、近場からやってくる教師を選んでおくべきです。

東京の家庭教師で多いのは、電車やバスを使ってやってくるというケースであり、その場合には電車やバスの往復分の費用を支払うことになります。月に利用する回数が多いとなればその分金額も高くなっていくので、回数も考えて選ぶことが大切です。

家庭教師は個人で探して依頼するということもできますが、その場合には後々トラブルにならないようにきちんと契約書に記載しておくことがポイントです。契約する前にしっかりと話し合うようにし、双方が納得できる結果にしておくことは必須であり、金銭面に関してはトラブルになりやすいので、事前に契約内容はしっかり確かめておきましょう。

交通費を支払わなくてもよい場合とは

徒歩や自転車でやってくる家庭教師を選べば、交通費は不要となるので無駄な出費を抑えることができます。それだけではなく、自前で送迎を行えば手間はかかりますが金銭面の負担を大幅に軽減させることができ、雇える教師の幅も広がるというメリットもあります。

家庭教師センターなどを利用する場合には、東京の中でもできる限り近くに住んでいる教師を紹介してもらえるようになっているので安心でき、講師は30分かからないで来ることができる人を紹介されるケースが大半です。講師が通勤や通学のために定期を持っているなど、家庭教師の指導の際に定期区間内を通るとなれば、交通費が安くなったりゼロになったりすることもあるので、そういった講師を狙うのも一つの方法といえます。

家庭教師の派遣会社を利用する場合にも、交通費は直接講師に手渡しすることが多いので、金額をはじめとする細かな取り決めを個人間で行う必要があることにも留意しておきましょう。

注意しておくべきポイントについて

バスや電車で来る場合にはよいですが、自動車を利用してやって来る場合には駐車場も必要になるので気をつけましょう。一戸建てなどで余分にスペースが余っている家庭はよいですが、マンションやアパートで駐車場がないとなれば、自動車でやってくる家庭教師を雇ってしまうと頭を悩ませることになるので、あらかじめ確認しておくべきです。

講師にコインパーキングを利用してもらうことになりますが、そうなれば近場にコインパーキングがある環境かという点も確認しなければなりません。そしてガソリン代にプラスしてパーキングを使用する料金も雇う側の負担になることがほとんどなので、よく考えて選ばなくてはなりません。

途中で引っ越した場合に関してもあらかじめ決めておくべきですが、基本的には教師側が引っ越したときなど相手の都合の場合には最初の契約金額のままで、雇い主側の理由というときには、交通費が追加で発生する可能性もあるので気をつけましょう。

 

東京には数多くの家庭教師がいます。授業料や教え方のうまさなど比較すべき点は多々あります。その中の一つであり注目しておくべき点が交通費であり、交通手段や時間などさまざまな条件により金額が異なるので、しっかり話し合って決めましょう。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧