人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師は生徒のことをどう呼ぶ?親が気をつけておきたい家庭教師と子どもの関係

公開日:2020/11/01  最終更新日:2020/10/27


東京で家庭教師を利用している、これから利用することを検討している場合は、家庭教師と子どもの関係の見極め方を知っておくことが大切です。親が見ていないところでよくない関係に発展している可能性もあるので、注意深く見守ることが重要だといえます。呼び方などから関係を知ることができるので、日頃の呼び方を確認することがおすすめです。

生徒のことは基本的に敬称をつけて呼ぶ

基本的に家庭教師は生徒のことを敬称つきで呼びます。東京にある派遣元でもこういった指導が行われていることが多く「さん」「くん」「ちゃん」のいずれかをつけて呼ぶことが少なくありません。もしも、呼び捨てやあだ名で呼んでいるようであれば関係性についてしっかりと調べたほうがよいといえます。

あまりにも親密な呼び方であればこっそりと連絡先を交換してやり取りをしている、恋愛関係に発展しているなどの可能性もないといい切れません。反対に乱暴な呼び方をしているようであれば、きちんとした指導が行われていない可能性が高いです。親の前ではよい顔をしているけれど、子どもとふたりきりのときには必要以上に厳しく当たっている危険性もあります。

呼び方に違和感を覚えるようであれば、まずは子どもに探りを入れてみるとよいでしょう。子どもからあだ名や呼び捨てで呼ぶようにお願いし、断れなかった家庭教師が受け入れてしまった可能性もあります。怒られると感じて事実と違うことを話す可能性もあるので、聞くときには怒ったりしつこく聞いたりしないことが大切です。いずれにしても、敬称つき以外の呼び方であれば注意しておいたほうがよいでしょう。

年齢や性別で呼び方は違ってくる

年齢や性別で呼び方が違ってくることにも注意しておかなければなりません。たとえば、小学生が指導を受けるのであれば「くん」「ちゃん」で呼ばれていてもおかしくありませんが、中学生以上であれば注意が必要です。中学生以上はさんづけにするように指導している東京の派遣元は多いので、中学生や高校生で「くん」「ちゃん」で呼ばれている場合は注意しておきましょう。

また、男同士であればくんづけ、女同士であればちゃんづけでもよいとしている派遣元もあります。年齢や性別によっても適切な呼び方は違っているのですが、中学生や高校生でも異性の先生から「ちゃん」や「くん」をつけて呼ばれている場合は気をつけておくべきです。

小学生の子どもが「さん」以外の敬称で呼ばれていたとしても、これについては容認している派遣元が多いのでそれほど気にする必要はありません。寧ろ円滑に勉強を進めるための手段として推奨しているケースもあるので、年齢や性別によって判断基準が違ってくることを知っておくとよいでしょう。

気になるようであれば派遣元に確認してみよう

気になるようであれば派遣元に確認してみることがおすすめです。呼び方などを確認したときに家庭教師と子どもの関係について疑わしい部分がある場合は、直接家庭教師に聞くようなことはやめましょう。派遣元を通すことによって、全体の方針を知ることができるので家庭教師が独断で行っている行動かどうか知ることができます。

家庭教師は方針に従っているだけという可能性もあるので、まずは確認が大切です。もしも、方針とは違った呼び方を行っているようであれば調査を行ってもらうことができますし、不安であれば担当の変更なども聞き入れてもらうことができるでしょう。

先走った行動をしてしまうと、誤魔化されてしまい真実がわからなくなったり、子どもが気まずい思いをしてしまったりするので注意が必要です。こういった相談も行うことができるので、名前の呼び方などで気がかりに思うことがあればまずは派遣元に相談することからはじめてみるとよいでしょう。

 

東京の派遣元でも呼び方についての方針が決められているケースは少なくありません。家庭教師からの呼び方について違和感を覚えることがあれば、子どもとの関係性を疑って子どもから事情を聞いたり派遣元に問い合わせたりすることをおすすめします。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧