人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

成績が伸びない!東京の家庭教師で成績を上げよう

子供の成績が伸びずに悩んでいる場合は、家庭教師を使ってみるという方法もあります。

家庭教師は講師との相性と質が全てなので、知り合いに学習指導力がある人がいて、家庭教師を引き受けてくれるならその人に頼むのが最も安上がりとなりますが、周囲にそうした人がいない場合は家庭教師センターに依頼するのが一般的です。

 

 

家庭教師には当たり外れがある

家庭教師センターは各地にありますが、東京には特に数が多いですが、東京に大学の数が多いということだけでなく、人口がとりわけ多い地域であって子どもの人口も多いため高い需要があるからでもあります。

東京周辺の各県も、東京の家庭教師センターが利用できますし、交通網が発達しているので、県境はほとんど関係ありません。

家庭教師には当たり外れがあり、成績が伸びない・相性が合わない・指導力のない講師が派遣されたなどの理由で落胆することも少なくありませんが、それはありがちなことであり、それを前提として考えましょう。

講師交代はいくらでもできますし、例として5回交代といったことも珍しくありません。

初回に担当したのが希望通りの講師でなかったとしても、そうしたことはよくあることなので家庭教師センターに交代を要望して、次の家庭教師を試してみればいいだけです。

最初に派遣されたのが理想的な講師だったというケースのほうが珍しいと考えて、気持ちに余裕をもっておきましょう。

 

一朝一夕には成績は伸びるものではない

家庭教師と相性が合って学習内容の理解が進んでも、すぐに成績が伸びないケースはよくあります。

基本がしっかりできている場合はすぐに伸びますが、基本からやり直している場合は、まだ学校の進度にまでは到達しないうちに学校でテストがありますので、テストの点数が以前と変わらないのは当たり前のことです。

基本をしっかり固めて学校の進度に追いついたら、見違えるほど点が伸びるでしょう。

家庭教師の交代がいつでもできるとは言え、相性の合う家庭教師ならすぐに結果が出なくてもしばらく利用したり、もしくは相性が本当のところは合わなくても学習指導力があるから使い続けるという例も多いです。

どの学年であっても、第一の目的は成績アップである場合が大半であり学習指導力は最も重視すべき要素です。

中学3年時など競争の最も激しい時期は、成績が下がらないだけでもうまくいっていると考えてみましょう。

 

利用料金と講師の質は比例しない

入会金や授業料などの費用と、派遣される講師の質はまったく無関係であり、高いから良い講師がいるということではありません。

講師は派遣地域や曜日、時間帯で仕事を引き受けますから、時給は二の次になりがちです。

こうした事情があるため、利用料金で講師の質を判断することはできません。

最初に保護者と生徒が講師の面接をし、その結果その講師を使うかどうか判断する仕組みなっているところが大半です。

子どもが受ける第一印象は大事ですので、どんなに学習指導力がある講師であっても、子どもが第一印象で相性が合わないとなったら、授業も嫌々受けることになり、内容がすんなり頭に入ることはないでしょう。

マンツーマンですから、相性はとても大事なこととなります。