人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師になるには資格が必要?

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/06/20

家庭教師の仕事に興味があるけれども何も資格を持っていない、そんな方も中にはいらっしゃることでしょう。

東京で家庭教師をおこなうには資格が必要なのか、それとも資格がなくてもある程度の学力があれば家庭教師になれるのかなどについて説明していこうと思います。

 

家庭教師になるために必要なスキルとは

最初に伝えておきますが、実は家庭教師になるためには特別な資格は必要ありません。

その理由としては各家庭で求めているものが違うからです。子供の学力アップのために利用する人が多いのは事実ですが、中には家庭で勉強をするクセを付けるために利用するひともいます。強制的に机に向かう習慣をつけるという意味でも良いかもしれません。

塾に通うのが苦手なタイプのお子さまや学校で先生に質問するのが苦手なお子さまもいることでしょう。そのような場合もあえて家庭教師を利用するという家庭も珍しくないのです。

そのため、学力以外にコミュニケーションスキルの高さが求められるケースがあります。高校進学や大学進学を目指している家庭の場合は高い学力を求めるのが一般的ですが、未就学児、小学生に教える場合はどちらかというとコミュニケーション能力が求められるケースが多いと言えます。

 

取得していると有利になる資格とは

全く資格がなくても働くことは可能ですが学力が高いに越したことはありません。有利に働く資格としてはまず教員免許があげられます。教員免許があれば学校でも働くことができますし、子供を見てもらう親御さんとしても安心度が増すことでしょう。

教員免許を所持していれば採用される確率もグッとあがること間違いなしです。最近はグローバル社会とも言えますし英語のスキルが高い人ほど社会で活躍できるケースが目立っています。

そのためTOEICのスコアが高ければアピールポイントにもなります。中高生でTOEICの取得のために家庭教師を雇う家庭も増えています。そのような家庭に就く場合はとくに有利になります。

その他にも数検や英検、漢検などを取得しておけば働くうえでのアピールポイントになりますので取得しておいて損はありません。もし時間に余裕があるのならば、自分自身のスキルアップのためにも取得してみてはいかがでしょうか。

 

学力を判断する材料のひとつとして

家庭教師になるためにはある程度の学力を身に付けておかなければなりません。分かりやすい資格を取得していればそれが判断基準になりますが、特にスキルがない場合は出身高校や出身大学もしくは在籍大学などが判断基準のひとつになります。

偏差値が高ければそれだけ評価されますので、何も資格がない場合でもどこの高校や大学を卒業しているかによって有利になります。家庭教師のお給料は一律ではなく、求められるスキルや能力によって差が出てきます。

それに対応することができるかどうかでお給料面でも大きな差が出てきますので、高い偏差値の学校を卒業していることが大きな利点にもなります。また、合わせてTOEICや数検、英検そして漢検などを取得しておけばさらにアピールポイントが高くなるはずです。

 

結論を申し上げると、資格がなくても家庭教師の仕事に就くことは可能です。もちろん、あったほうがアピールにもなりますし採用率もグンと高くなります。

学力を判断するものしては教員免許はもちろんですが、民間の検定などを取得しておいたほうが有利ですし、最近ではTOEICのスコアによっては高く評価されます。学力以外にもコミュニケーションスキルが高いほうが受け入れられやすいというのも特長のひとつといって良いでしょう。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧