人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

塾ではなく家庭教師を利用する目的とは?

子供を学習塾に通わせるか、家庭教師をつけるか迷う親御さんは多いと思います。

料金や講師の質などが気になるところですが、何よりも子供の成績がアップしなければ意味がありません。

では双方の違いとはなにか、どのような目的で利用するのがいいのか確認してみましょう。

 

 

学習塾と家庭教師の違いとはなにか

近年の傾向として学習塾には「集団塾」と「個別塾」があります。

集団塾は複数の生徒に対して1人の講師が教えるスタイルで、個別塾は1人~3人など少数の生徒に対して1人の講師がついて教えるスタイルとなります。

学習スタイルは違いますが、いずれも生徒が学習塾に通うことになります。

これに対して家庭教師は1人の生徒に対して1人の講師がついて教え、生徒の自宅に講師を招いて学ぶスタイルです。

個別塾と似ていますが勉強場所の違いや生徒の人数に違いがあります。

個別塾でもマンツーマン指導は可能ですが基本的には2人~3人の生徒に講師が1人つくので本格的なマンツーマン指導を望むのなら家庭教師を選ぶことになるでしょう。

子供に合わせた学習スタイルがあるので、どちらがいいというものではありません。

例えば成績が良い子、発言に抵抗がない子、競争心をあおられる子などは学習塾が向いているでしょう。

対して学校の勉強についていけない子、発言をするのが苦手な子、マイペースな子などは家庭教師の方が向いているといえます。

 

自分のスペースでペースを守った学習ができる

家庭教師はマンツーマン指導なので子供のペースに合わせた指導ができるのが特徴です。

集団塾で成果を出せる子というのはもともと基礎的な学習能力を身に着けており、日ごろから勉強する習慣がついていて積極的に発言していける子だと言われています。

つまり集団で学習する場合はどうしても一定のレベルに合わせた学習になるので中には勉強についていけない子も出てきてしまうのです。

すると勉強自体が嫌になってしまい、通い続けることすらできなくなってしまう可能性があります。

その点、家庭教師なら一人の子に合わせたレベルで学習していけるので分からない場所があっても繰り返し丁寧に指導してもらうことができるでしょう。

また自宅で学習できるので塾に通う手間がなくペースを乱されることなく学んでいけるのも魅力の一つです。

 

子供や親の要望に合わせた学習ができる

学習塾では塾用の教材があるのでそれを購入しなくてはいけませんが、家庭教師は教材を決めていないことが多いので学校の教科書市販の教科書で学ぶことができます。

使いたいと思う教材があるのならその要望を受け入れてくれるでしょうし、良い教材を探して来て欲しいと頼めばそれも可能でしょう。

また学習塾では夏休みや冬休みなどの長期休暇には特別講習がありますが、家庭教師には基本的にこうした特別講習はありません。

特別講習を強制参加にする学習塾はないでしょうが、通塾していれば参加するケースが多く、別途で講習料がとられるのが一般的です。

このように家庭教師は費用面で経済的に済ませることもできる傾向にあります。

もちろん講師の都合にもよりますが、学習日時や時間も相談ができますし、なにかと融通を利かせることができる学習スタイルだと思っていいでしょう。

 

一口に学習塾や家庭教師だといっても多様なので、一概にどちらがいいとは言えません。

しかし子供に合った学び方というものはあります。

まずは子供の特徴をよく理解することによって、どちらの学習スタイルが合っているか判断することはできます。

最近では無料体験学習を取り入れているところもあるので、そういったものから利用してよく話をした上で契約をすることをおすすめします。

マンツーマン指導なら講師を変更してもらうことも可能ですし、子供だけではなく親とも相性のいい講師を見つけることも期待できるでしょう。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
第4位 名門会
記事一覧