人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

中学受験の準備はいつから始める?受験日までの流れを解説!

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/20

中学受験を検討している場合には、親子で一緒に受験に向けて準備をすることが大切です。家庭によって準備を開始する時期には違いがありますが、準備期間や流れをしっかり理解しておけば、無理なく中学受験に挑戦できるでしょう。

中学受験には3年程度の準備期間を用意しておくと便利

大学受験をする際には約1年間の集中で受験合格を目指す方が多いものの、中学受験の場合は子どもの意思確認やモチベーションを固めるなどの期間を見越して、3年程度は準備期間として用意しておくことをおすすめします。小学生の段階で受験の仕組みを理解している子どもは多くありません。

そのため、両親が子どもに「中学受験」という可能性を教えることからスタートするのが一般的です。受験をするとどんなメリットがあるのか、将来に対しどんな影響があるのかなどをわかりやすく教える必要があります。人生によい影響を得られることや、子どもの夢や目標のために中学受験の必要性があることなどを理解すれば、中学受験に向けて努力するようになるはずです。

この段階でかなりの時間を使用する可能性が高いので、小学校の低学年程度の段階から説明をしておくのが重要です。両親が受験をさせたくても、子どもに受験をしたい気持ちがなければ失敗してしまう可能性が高くなります。

受験勉強をするのは両親ではなく子どもですし、受験日に試験を受けるのも子ども自身です。小学生の段階から受験に合格するためのマインドを獲得させなければいけません。

小学校高学年の段階では塾に通わせるべき

子どもを中学受験に突破させるには、学校の授業だけでは受験に合格するのは難しいでしょう。志望校によっても試験の難易度に違いがありますが、基本的に受験が必要な中学校の場合は試験の難易度も高くなります。低学年の段階では受験に対する意気込みを親子で共有しておくだけで問題ありませんが、高学年になった時点で本格的に受験に向けた勉強をしておく必要があります。

そのためには中学受験に対応している学習塾などに子どもを通わせる必要があり、しっかり学習塾側にも受験対策をして欲しいと両親が申告しておくのが大切です。この段階から休日でも模試があったり、特別授業が開かれたりするので、子どものストレスに両親が上手くカバーをしてあげなければいけません。

子どもは大人と異なり、ストレスを解消する方法を自分なりに考えて行動するのが難しいため、両親がメンタル面を支えてあげなければ途中で挫折してしまう可能性が高いです。中学受験はハードな一面もありますが、そのぶん親子の絆を深めるきっかけにもなります。子どもに全て丸投げするのではなく、一緒に受験を乗り切る気持ちが大切です。

家庭教師に依頼をすると自宅でも学力向上を狙える

夜遅くまで学習塾で勉強をすると、帰宅をするときに危険が伴う可能性があります。両親が送り迎えをすることもできますが、時間の都合や体力面で負担を感じることもあるでしょう。そんなときに家庭教師を頼めば、自宅で学習塾と同じようなクオリティーの勉強ができるようになるので、とても魅力的です。

中学受験に対応する家庭教師は多いので、講師との信頼関係を深めるためにも低学年の段階からサービスを利用するのも賢い選択になります。

最近の家庭教師のサービスは進化しており、パソコンを使用したオンラインの授業や指導日以外にメールなどで分からない所を教えて貰うなどのサービスが用意されています。基礎的な学習を深めつつ、受験対策に繋がる応用問題などを解く流れを受験日当日まで継続させていくのが大切です。

 

中学受験の準備期間は各家庭で多少の違いはありますが、両親だけでなく子どもも受験に向けて努力をする必要があります。家庭教師のサービスを利用すれば、自宅でマンツーマン指導により勉強ができるので、スムーズに子どもの学力向上を狙えます。基礎的な学習をしていき応用問題を簡単に解けるレベルまで、受験日当日に到達しておけるようにしましょう。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧