人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師に教えてもらう人気の科目とは?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/27

東京であれば家庭教師の需要は高いと言えます。入試にしても、私立の中学校入試から、公立高校入試・私立高校入試・大学入試に至るまで入試に挑む割合が高いです。

それに伴って、受験対策ということでの需要がある状態になります。ここでは家庭教師に教えてもらう人気の科目について解説いたします。

 

 

主要科目の英語の需要が高くなっている

家庭教師で依頼する科目のナンバーワンと言えば、英語になるのではないでしょうか。英語は中学校から始まりますが2020年からは小学校において必須化されますので、小学校のうちから英語に対応しないといけなくなる可能性が高くなります。

英語は高校受験でも大学受験でも主要な教科になりますので、受験対策から苦手克服までいろいろと対応する必要が出てきます。大学受験において、英語4技能化ということも言われていますので、読むだけでなく、聞くこと・書くこと・話すことまで総合的な対策ができる人が求められるでしょう。

一般的に英語ができない人に対しては必要なインプットができていないということが多いですので、確認テストなどを随時おこなうことにより、理解度をチェックすることが欠かせません。必要な単語や熟語、構文などの暗記をサポートすることが求められます。どこがわからないのかということを理解して、そこにアプローチをすると共に、インプットを助けることによって、自信を付けさせることが先決です。

英語ができる人に対しては、英語長文や英作文など入試で必要なことを手っ取り早く習得するようにします。どんどん先取り学習をしていって、入試の準備を進めていきます。

 

できない人が多い数学に対する需要がある

数学という教科は好き嫌いがはっきりとしていると共に、得意不得意もはっきりと分かれてきます。数学に苦手意識がある人はどうしても不得意な割合が高いです。

数学は中学校入試や高校入試で最も点差が開くと言われており、不得意な人が足を引っ張らないくらいに数学ができることが求められます。大学入試であれば、最悪数学から避けることができますが、中学校入試や高校入試では避けることができませんので、それなりに対策が必要になります。

不得意な人が数学の家庭教師を頼むということがとても多いです。数学においては、どこでつまずいているのかということを把握する必要があります。

高校数学でわからないところがある場合には、中学数学まで戻らなければいけないことも多々あります。苦手なところをどんどん潰していくことにより、数学の授業について行けるようにする必要があります。

少なくとも苦手なところを克服するためには、簡単な問題をスラスラと解けるまで反復するということです。反復していき、生徒がやれるという実感を得るようにサポートするということが重要になってきます。

 

苦手科目を克服するために利用することが多い

家庭教師で依頼される教科は英語と数学が中心にはなってきますが、その他の教科においても依頼されることはあります。特に、苦手な科目がある場合に依頼されることが多いです。

苦手な教科になると自力で克服するのはとても難しいですので、個別で指導をすることができる家庭教師であれば、生徒の苦手な部分に対してピンポイントに教えることが可能です。

 

東京においては受験の機会が多いですので、それに伴って家庭教師を依頼するタイミングもそれなりにあります。

依頼する科目で多いのは、主要科目で苦手な人が多い英語や数学です。これらの科目は入試においてポイントになる教科ですので、それで後れを取るというのは決して許されません。遅れと取ってしまった場合に、それを少しでも克服するために、家庭教師のサポートを受けて学習するということです。

苦手意識があればなかなか学習が前に進みませんので、そういうサポートを受けてわからないことを克服することができれば、自分でもどんどん自信をもって学習をすることができます。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧