人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

オンライン家庭教師のメリットやデメリットとは?

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/03/15

家庭教師のサービスはオンラインで受けられるようになっています。

具体的な仕組みはネット環境に接続していればビデオ通話などを用いて先生から教えてもらうことができるサービスです。

ネット環境さえあれば、そういう仕組みにより教えてもらうことができます。

オンライン家庭教師はうまく使うことができればメリットを享受することができますが、デメリットもあるのでその両方を紹介していきます。

夜遅くなっても休日でも教えてもらうことができる

生徒によっては部活動や塾などによって帰ってくるのが夜遅いことがあります。

夜遅くから受けることができる塾に行ったとしても帰ってくるのは相当遅いことが考えられます。

深夜に帰ることになると危ない目に合うリスクが高まりますし、次の日に影響が出てきます。

 

しかしオンラインでの家庭教師のサービスの場合、塾がない地域でも利用できます。

ネット環境が自宅で整っているのであればオンラインで授業を受けることができ、別に先生に来てもらう必要はありません。

自分に合わない先生を変えてもらうことができる

オンライン家庭教師はインターネットを使って1対1で教える仕組みです。

先生を家庭に招く必要がありませんので、お互いの希望が合えば簡単に希望の先生に教えてもらうことができます。

また住んでいる場所が田舎であっても有名大学を卒業した先生に教えてもらえます。

各先生が同じ場所でそれぞれの家庭とインターネットを使って教えていますので先生の数はたくさんいます。

先生の数を確保していることから、もし自分に合わない先生がいるならば、すぐにチェンジしてもらうことが可能です。

 

自分にとって合わない先生に教えてもらうというのは時間の無駄です。

会わない先生の話は素直に聞くことができませんので学力が上がるということはないでしょう。

合わない先生に教えてもらうくらいであれば自分に合った先生を探したほうが良いでしょう。

先生が子供の様子をつかみにくいところがある

一般的にオンライン家庭教師は塾や家庭教師に比べて費用が安い傾向にあります。

費用が安いのはメリットにつながりますが、生徒の様子をつかむことができないというのはデメリットに当たります。

直接生徒を指導している場合は生徒の様子を眺めることができますので、すぐに理解しているのかどうか分かりますが、オンライン家庭教師の場合はネットを介してしか生徒の様子を眺めることができないので、本当に理解しているのかどうかわからないです。

場合によっては先生が生徒の状況を理解しないまま授業を進めてしまう懸念があります。

先生としては生徒の様子がつかみにくいですので、生徒としては分からないところは分からないというようにしっかりとリアクションをしてあげると助かるでしょう。

生徒がリアクションをしてあげると先生も生徒の状況が理解しやすくなります。

 

オンライン家庭教師のメリットとデメリットをもう一度まとめてみましょう。

夜遅くや休日でも自宅から離れずに授業を受けられることと、自分に合わない先生がいたとしてもすぐに変えられることの2つです。

一方のデメリットは先生が生徒の状況をつかむのが難しいことです。

これらのメリットやデメリットを把握した上で、家庭教師を決めていくのがよいですね!




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧