人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師の平均月謝はいくらぐらい?

公開日:2020/09/15  最終更新日:2020/09/11

「家庭教師の料金って高そう」「塾の方がコスパはいいのでは」と考えている方は多いのではないでしょうか。家庭教師は、主に派遣会社からの派遣と個人契約があり、それによって料金が異なります。さらに、お子様の学年やその目的、教師のレベルや地域によっても料金は変化します。そこで今回は東京の家庭教師の平均月謝についてご紹介します。

家庭教師派遣会社と個別契約の料金の違い

まずは派遣会社と個別契約での料金の違いを見ていきましょう。1時間当たりの料金相場に関してですが、学年や目的(受験か授業の補習か)によって料金は大きく変わります。ここでは東京の料金相場を記しました。派遣会社のケースから見ていきます。

小学生の場合、中学受験が3,500から5,000円、授業の補習が2,000から3,500円です。中学生の場合、高校受験が3,500から5,000円、授業の補習が2,000から3,700円となります。高校生の場合、大学受験が4,000から5,500円、授業の補習が2,000から4,500円となるでしょう。

次に個人契約を見ていきましょう。大学生とプロ教師という点で料金が異なります。小学生の場合、中学受験が2,000から3,000円、授業の補習が1,500から2,000円となるでしょう。中学生の場合、高校受験が2,000から3,000円、授業の補習が1,500から2,000円です。高校生の場合、大学受験が2,000から3,000円、授業の補習が1,500から2,000円となります。

プロ教師の場合はこの料金にプラス2,000円から3,000円程度となります。派遣会社の平均月謝はあまり変動しませんが、個人契約となると変動が大きいことが分かります。しかし、個人契約でも教師によっては派遣会社よりも安く抑えることが可能でしょう。

家庭教師の平均月謝を具体的なケースで考える

先ほどは家庭教師派遣会社と個別契約の料金の違いを1時間あたりの料金比較で紹介させていただきました。しかし、それでは平均月謝を具体的に想像できませんよね。ここでは分かりやすくご理解頂くために具体的に数字を当てはめて見ていきます。ここで使用している平均料金は東京の家庭教師が受け取っている料金です。

派遣会社のケース小学生の1時間の授業料平均は2,300円です。この数字で1日2時間の学習を週3日とすると55,000円程度になります。中学生の1時間の授業料平均は2,600円です。この数字で1日2時間の学習を週3日とすると62,000円程度になります。高校生の1時間の授業料平均は3,000円です。この数字で1日2時間の学習を週3日とすると72,000円程度になります。

次に個人契約で考えていきます。小学生の1時間の授業料平均は1,600円です。この数字で1日2時間の学習を週3日とすると38,000円程度になります。中学生の1時間の授業料平均は2,000円です。この数字で1日2時間の学習を週3日とすると48,000円程度になります。高校生の1時間の授業料平均は2,500円です。この数字で1日2時間の学習を週3日とすると60,000円程度になります。

今回の例は最も安い料金設定の場合で考えさせていただきました。これに受験対策を追加したり、レベルの高い教師を選択したりした場合は料金が変動します。

教師の種類の違いでサービスがどのくらい異なるのか

恐らく見ていらっしゃる方の多くが派遣会社と個人契約、大学生とプロ教師でどのようなサービスの差が生まれるのか、気になっているのではないでしょうか。では、ここではサービス面についてお話しします。派遣会社は会社独自の教育システムや教材を使用して勉強を教えます。

教師は会社への生徒の現状報告義務があるため、教師と授業の品質が約束されます。相性が合わない際などには、教師交代が無料ででき、代わりの教師をすぐに見つけることが可能です。確かで多くの受験情報を持っています。

一方個人契約では、ご家庭に沿った自由度の高い授業が可能です。勤務姿勢は教師とご家庭との信頼度に依存しますが、ご家庭のご要望を取り入れるなど対応の柔軟性が魅力ともいえます。また、トラブル等が起こった場合は個人契約よりも派遣会社の方が対応はスムーズに行えるでしょう。

次に、個人契約における学生教師とプロ教師の違いについて見ていきます。学生教師はお子さんと年齢が近いため打ち解けやすく、学習面以外の相談も気軽にできる存在になります。また、学習方法は生徒が解いた問題を教師が回答を確認しながら解説する形式が多くなります。

プロ教師はやはり経験年数が学生教師とは異なりますので、目標に沿った効果的なカリキュラムを設定し授業を行ってくれます。また、お子さんの学習管理も心配ありません。受験情報に関しても派遣会社と同様、豊富な知識を持っています。もちろん学生教師の中にも優秀な方はたくさんいらっしゃいます。いかに優れた教師を探すかが鍵になるでしょう。

 

今回は東京の家庭教師の平均月謝と教師の形式の違いについてご紹介させて頂きました。それぞれメリットとデメリットは存在します。しかし、一番はいかにしてお子さんにあった教師を見つけるかです。トライアル期間などを大いに活用して、よい家庭教師を見つけましょう。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧