人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

東京で中学生が勉強するなら?家庭教師と学習塾と進学塾の違い

公開日:2021/01/01  最終更新日:2021/01/08


東京の中学生が勉強をする際、大きく分けると家庭教師と学習塾、また進学塾といった3つの選択肢があります。それぞれのメリットやデメリットを知り、そして子どものタイプにあった方法を選んでいくのが理想です。家庭教師は言葉通り先生に自宅に来てもらって指導を受けることができるシステムです。基本的にマンツーマンというのが特徴です。

進学塾と学習塾は具体的にどう違うの?

家庭教師は自宅に先生が来てくれて、マンツーマンで指導をしてくれるサービスです。しかし塾の中には進学塾と学習塾の2種類あり、またさらに個別指導や集団塾などにわけられます。まずは進学塾と学習塾の違いを見てみましょう。

どちらも集団で講義を受けるという点では似ていますが、進学塾は入試で点をとるための授業が受けられるところ、そして学習塾では学校のテストで点をとるための授業というとわかりやすいかもしれません。学校の授業内容が理解できるようにしたいということであれば学習塾を選びましょう。難関校にチャレンジしたいという場合は進学塾を選択するのが一般的です。

しかし、明確な線引きがされていないケースもあるため、口コミや過去の実績などを考慮して選んでいくとよいでしょう。東京の塾はそれぞれ特徴も異なるので、資料請求をしたり見学や体験をしたりしてみてから決めることをおすすめします。中学生を対象としている学習塾は数多くあるようです。

塾と家庭教師はどちらの方がよいのか?メリットデメリットを知る

東京の中学生が勉強をするとき、塾か家庭教師かを選べるでしょう。しかし、それぞれにメリットとデメリットがあります。まず費用をできるだけおさえた中で難関校を狙うというのであれば、集団授業を行う塾がおすすめです。東京の有名進学塾の場合、料金は高めの設定である傾向があります。

しかし、家庭教師の方がマンツーマンで先生が自宅に来てくれるため、どうしても料金は家庭教師のほうが高くなるようです。自分のペースで勉強をしたい、そして自宅でリラックスした環境で学習をしたいという子どもには家庭教師がおすすめでしょう。

「学習の習慣をつけるところから始めたい」「苦手科目が限定されている」「学校の勉強についていけていない」という場合も、家庭教師であれば手厚い指導が受けられます。

さらに、わからないところを繰り返し指導してくれるため、苦手科目を克服しやすいでしょう。しかし、ライバル意識を持つことで、モチベーションが上がるというタイプの子どもであれば学習塾の方がメリットはあります。さまざまな特徴があるため、子どもに合った方法を選んでいくとよいでしょう。

私立か都立か、推薦を狙うかでも違ってくる

東京の中学生が受験を目指して学習する場合、志望校が私立か都立かによっても、塾選びや学習方法が変わってくることがあります。

都立であればとにかく学校で指導されている内容を理解して定期テストで高い点数を取ることが重要です。近年の都立入試の傾向としては内申点が2倍になるなど、普段の勉強にも重点がおかれています。そのため、定期テストでいかに点数を取るかということも重要なポイントとなってくるでしょう。そのため、塾で行われる対策も変わってきます。

一方、私立を目指す場合は、それぞれの高校で問題の傾向や難易度も異なってくるでしょう。目標や偏差値別にクラス分けされている塾や家庭教師で志望校に絞った対策ができる点はメリットです。目標に合った学習環境を整えていくことが入試を乗り切るポイントでしょう。都立推薦の場合は、普段の授業や定期テストが重要です。私立の推薦も日常生活の評定がかかわってくるため、それぞれの学校対策を行っていく事が必要です。

 

東京の中学生が入試を乗り切るために家庭教師や塾を選ぶには、目的に合った所や子どものタイプに合ったサービスを選んでいくことが重要です。それぞれメリットやデメリットも異なり、効率よく学習を進めていくには環境を整えることがポンイントでしょう。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧