人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師を利用する意味とは?

公開日:2019/06/15  最終更新日:2019/05/27

学校の補講や学習塾など、自分で学習できる環境は比較的整えられてきました。

それでも家庭教師を選ぶ家庭は多く、併用してそれぞれのメリットを享受しているケースもあります。

特に東京の難関大学・難関高校になると、その学校出身者をわざわざ探してきて学ばせてもらうこともあります。

 

自分のペースに合わせて学習できる

学校や塾の授業はクラスのメンバーに合わせて進むため、自分の進むペースに合わないケースもあります。家庭教師であれば自分のペースに合わせて学ぶことができます。

学校の授業が遅すぎて物足りない場合は追加の問題集をやるなど、少しレベルの高いところに挑戦をしてみましょう。わからない部分があるのなら掘り下げて確認することも必要です。

復習してみるとあいまいにしか理解していないこともあるので、定期的に振り替える時間があってもいいでしょう。大人数のクラスでは先生になかなか確認しづらいことも、自分だけの先生にしっかりと確認できるのは助かる点です。

わからない点は一度すべてぶつけてみましょう。少し間がかかっても誠意をもって答えてくれるはずです。納得して理解できるまで突き詰めて学習できるのは原則としてマンツーマンの体制の家庭教師ならではのメリットと言えます。

 

毎回目標を持って学習を進められる

契約時に立てる長期的な目標や、毎回の授業の目的レベルの短期的な目標など、いくつか指標を設けて取り組めるのも家庭教師を頼む意味の一つです。自分だけのプランを立てることができるので、確実に目標に向かって進んでいくことができます。

最終ゴールを受験合格や資格取得にするのはもちろん構いませんが、そこへ向かうための具体的なプロセスがなければ途中で挫折してしまいます。次回までに単語を10個覚えておく、今日のコマ内で一単元の苦手を潰し切るなど比較的簡単に達成できる目標をたくさん持ちましょう。進んでいる達成感を得ることがモチベーションを維持して学習を続けることにつながります。

万が一うまくいかないときでも、すぐに計画を立て直せるのは個人に先生がついているからこその魅力です。画一的なカリキュラムがない分、達成できなかった部分を徹底的にやることや後回しにして先に進めることなど対策も柔軟に打つことができます

 

学習する習慣をつけられる

きちんと学習する時間を決めずに、集中しないまま机に向かっていたり、そもそも机に向かう習慣がない生徒がいたりと、案外学習する習慣が身についていないケースも散見されます。決まった時間に先生が来て、必然的に学習する習慣を作ることは、一定時間の勉強時間を確保するためには必要です。

はじめは先生が来てくれる時間だけでも家庭学習するところから進めましょう。集中力がない子の場合、それだけでも随分苦労するはずです。

一定時間机に向かっていることに慣れてきたら、今度は先生が来ない時間帯でも学習できるようにしましょう。1コマの時間内で問題演習からおこなっていては、やれる内容にも限りがあります。

問題演習は先に済ませておいてもらい、答え合わせやわからないところの確認からスタートできると同じ時間でも学習できる内容は飛躍的にアップします。

 

家庭教師が来ているから成績が問題ないとそれだけで言い切ることはできません。結局は本人のやる気次第の部分も出てきてしまいます。それでも信頼できる先生が着いてくれるからこそ頑張れることもあるはずです。

身近な相談相手になってくれるのも子どもにとっては心強い存在となります。何のために先生を呼ぶかを考えれば、自ずと呼びたい先生の得意分野や方向性も決まってくるはずです。せっかく来てもらうからには最大限意味のある授業を担当してもらい、確実な目標達成につなげましょう。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧