人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

発達障害を持つ生徒が家庭教師を探す際のポイント

公開日:2020/08/01  最終更新日:2020/07/20

発達障害をもつ子どもの中には、特性によって「ノートがとれず授業についていけない」「授業が聞き取りづらく、進学に不安がある」などの悩みを抱えている子も多くいます。そうした場合、子どものペースに合わせて学習できる家庭教師を利用するのがおすすめです。そこで今回は、発達障害の子どもに合わせた家庭教師選びのポイントをお話します。

発達障害の生徒を伸ばす家庭教師とは

発達障害をもつ子どもが学習を進める際には「本人が勉強を快適にできる環境を用意すること」と「指導者が子どもの特性を理解していること」が重要です。子どもの特性を理解しようとしない、あるいは理解できない指導者が一方的に学習させようとしても、子どものモチベーションや本来の力を引き出すことはできません。病院で診断を受けている子どもであれば担当医から学習についても指導を受けているかもしれません。

しかしグレーゾーンとして、診断名が付かないケースも存在します。学校での勉強に支障が出ている場合には、障害に対して知識を持った先生が勉強を教える家庭教師サービスを提供する会社を利用することで、安心して家に来てもらうことができます。

料金についても気にするのが大切

発達障害の生徒に対応してくれる家庭教師に依頼する場合、料金が気になるという方も多いでしょう。リーズナブルな料金で対応してくれるところも存在するので、そうした良心的なところのサービスを選ぶことが大切です。サービスの利用方法で料金が大きく変わる会社もあるため、事前にプランの内容と料金をしっかり確認しておきましょう。

発達障害の子どもに対するサポート内容などが記載された資料を無料請求できる、体験授業を無料で受けられる会社も多くあります。実際に授業を受けてみての相性も重要ですから、最初にトライアルサービスを利用できるのかも重要なポイントです。

発達障害を持つ子どもは、他の子が気づかないような点がストレスとなったり、傷ついたりすることも多くあります。先生との相性が悪いと機嫌や具合が悪くなってしまう可能性もあるでしょう。発達障害の生徒の対応に慣れている先生であれば、特性や傾向を理解して適切に対応してくれるので、対応力もチェックするのが重要になります。

子どもの将来のためにも家庭教師選びは失敗できない

子どものときに受けた教育の内容によって、大人になったときの生活に影響がでてきます。発達障害の生徒は感情をコントロールするのが難しかったりする特徴はあるものの、特定の分野の学習で力を発揮することがあります。得意な分野を見つけてあげるのは、周囲の大人の努力次第になってきますが、両親だけで見つけようとすると大変です。

そのため障害に対する知識を豊富に持った家庭教師の力を借りれば、子どもが持っている力を最大限に発揮できる可能性も高くなるでしょう。発達障害の子どもを重点的にサポートしている家庭教師会社も存在するので、失敗しないためにも専門的に対応してくれるところを利用するのが大切です。

 

発達障害の生徒が家庭教師を探す場合は、専門的な知識をしっかり持っている先生を雇うことが大切です。発達障害の特性などを理解し「この子に対してはどう説明したらわかりやすいか」「どう対応したらモチベーションが上がりやすいか」と考えながら学習を指導してくれる講師に出会えれば、安心して子どもをまかせることができます。

学校の先生はたくさんの生徒を相手にするため、障害を持った子どもが置いてけぼりになってしまうことがありますが、そうした問題を解決するためにも家庭教師は重要な存在です。まずは資料請求や無料体験などのサービスを利用するなどして、感触を確かめてみましょう。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧