人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師に教えてもらう頻度はどれぐらい?

子供の成績をあげたいと考慮し、塾でなく家庭教師によってマンツーマンの状態で教えて欲しいと考えている親が非常に多く、サービスを有効活用するケースが増えています。

そして気掛かりなのが、教えてもらう頻度です。

一般的に見て1教科当たり週に2時間というのが多いといえます。

それより少ないケースでは、中々成績改善に繋がりづらいでしょう。

これに対して、週に1教科あたり2時間をオーバーすると、子供のモチベーションの問題必要となる費用面の負担が心配になるでしょう。

1つの例として1教科、2教科だけ教えてもらうケースでは、問題ないのですが、5教科一切合切教わる子供にも、コストの面でも負担となります。

モチベーションキープが集中した学習に直結するので、ただ単に回数を増やすことは避けるのが無難です。

子供にフィットした学習時間にすることが、大事になってきます。

平均的な時間および回数について

家庭教師をお願いするケースでの1回の時間、一週間あたりの回数については、多くの親が悩むポイントといえます。

1教科につき週に2時間というのが一般的な方法です。

中学生のケースでは、英と数2教科で1回2時間そして、週2回というパターンが多いといえます。

場合によっては、一週間あたり1回の指導で5教科という依頼が存在しますが、一週間あたり1回で5教科全部を指導するのは困難です。

評価の高い生徒で、分からないポイントのみを指導するなど特別なケースであれば可能だと言えますが、そうではないケースでは不可能です。

通常の場合、依頼される子供は、成績が良くなく授業に後れを取ってしまうことが多いため、それなりの時間がかかります。

学習能力に応じた適切な時間と回数が必要です

一般的に考えて2教科指導のケースでは1回あたり2時間、週2回というのが堅実です。

週2回は、月曜及び火曜など続いた日ではなくて、月及び木など2日以上離れていたほうが最適です。

続いていると宿題に手を付ける時間がなくなるためです。

宿題に関しては重要なので、かならず宿題に手を付けることが大切となります。

英語及び数学の2教科のケースでは、週1回英語2時間、さらにもう1回は数学2時間という場合と比べて、2時間の内1時間を英語、もう1時間を数学という形で1週間に2回のほうが結果につながり易いといえます。

それなりに学習のできる生徒であれば、いずれでもよいのですが、学習することが不向きな生徒の場合は1週間あいただけでも中身を忘れてしまうということがよく見受けられます。

指導時間、あるいは回数が多いほどよいわけではありませんが、不足し過ぎると効果効能を出すのは難しいです。

成績がアップしてきたら回数などをカットすることを意識してもよいですが、始めのころはしっかりとした指導が大事です。

効果を上げるには一定の時間が必要です

子供が勉強嫌いの為、次第に増やしたいという親がいますが、これによって学校の成績を引上げるのは難しいです。

とりわけ、授業についていけてない場合、中身を自分のものにするのに普通よりもたくさんの時間が要ります。

それに加えて、問題を解く時間も必要とされます。

頭に入れて問題を解くという作業は1日で実施したほうが効果を発揮するので、それなりにまとまった時間を要します。

従って、スタート時から1回2時間をオーバーする講義を受ける方が良いでしょう。

1回2時間も集中力が持続するか不安という声もありますが、進行中に休憩を挟めば集中できます。

まとめ

家庭教師をお願いする場合、1回の時間、1週間あたりの回数について非常によく悩まれます。

効能効果が出やすいのが、1教科について週2時間です。

中学生のケースでは、英数2教科の状態で2時間、週2回という方が多いといえます。

通常の場合家庭教師を申し込む子供は、成績が良くなく授業に後れを取ってしまうことがほとんどなので、過去問題に遡りつつの指導の為、それなりの時間を要します。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
第4位 名門会
記事一覧