人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師を有効活用するためにはどうすればいいのか

公開日:2020/08/15  最終更新日:2020/07/20

子どもの学力アップを狙い、家庭教師を付ける親御さんが急増しています。しかし単に家庭教師を付けただけで成績が向上するわけではありません。勉強にコツがあるように、家庭教師を有効活用するためのポイントがあります。そこで今回は家庭教師を有効活用するためのポイント3つをお話しします。

目的をハッキリと定めておきましょう

1つ目は、目的をハッキリ決めておくという点です。家庭教師に勉強をまかせることはできます。しかし「何をゴールにするか」については決めることができません。まずは勉強する目的を子どもと一緒に決めましょう。目的がなかなか決まらない場合、「苦手克服の克服」といった大きな目的を、先に決めておいたほうが賢明かもしれません。

それによってブレない軸ができて、それを達成するために授業が進められるからです。目的が決まったら、それを達成するためにやるべきことを具体的に決めてもらって下さい。家庭教師が不在の間に、自分自身で勉強に取り組めない子どもも少なくありません。

何をどうしたらいいのか、わかっていない子どもも多いのです。子どもが自主的に勉強へ取り組めるよう、日々取り組むべき宿題を与えて欲しいと依頼してみて下さい。すると大抵の家庭教師は、事細かに宿題を与えてくれます。取り組むべき課題が見え始めると、子どもも迷うことなく勉強に集中できる環境が自然に整うものです。

勉強法を教えてもらいましょう

2つ目が、勉強法についてもしっかり教えてもらうという点です。各教科の内容だけに限らず、「勉強のしかたが分からない」と悩んでいる子どもも少なくありません。勉強法が分かると、あらゆる科目にそれを応用することができます。一生懸命勉強に取り組んだ結果、成績が飛躍的に向上するかもしれません。

具体的な勉強法だけではなく、ノートの取り方やケアレスミスのなくし方等、細かいテクニックまで教えてくれます。勉強法を習得すると、学習そのものに集中しやすくなるのは言うまでもありません。学習内容をスムーズに理解できるため、効率そのものもアップするでしょう。勉強法が理解できた後は、学習計画を立てて貰って下さい。ガムシャラに勉強するだけでは、成績は伸びません。

成績をアップさせるためには今、何をするべきかを自問自答しながら、勉強することが大切です。しかし自分なりのペースで勉強を進めたとしても、急激な成績アップを見込むのは難しいという側面があります。そのためにも必要なのが、学習計画を立ててもらうことです。半年、もしくは1年といったスパンで学習計画を立てて下さい。

積極的にコミュニケーションを図りましょう

3つ目が、講師と積極的にコミュニケーションを図るという点です。親は何も干渉せず、子どもの勉強に関してはまかせっぱなしという家庭も少なくありません。ライバルに差を付けたい場合、授業が終わった後積極的にコミュニケーションを図って下さい。

親が講師と言葉を交わしている姿を見るだけで、子どもは「自分のことを気にかけてくれている」と思うものです。三者がしっかりコミュニケーションを図ることで、良いシナジー効果が得られます。子どもが一生懸命勉強に取り組み、成績アップへ繋がるかもしれません。成績だけに限らず、何か気になることや悩みが生じた場合家庭教師へ相談して下さい。相談できる人がいるだけで、安心感が得られるでしょう。

 

目的を定める、勉強法を教えてもらう、積極的にコミュニケーションを図る。この3つのポイントに気を付けると、家庭教師を有効活用できます。目的や勉強法、学習計画について相談することは、意識すれば誰にでもできます。小さなことの積み重ねが、子どもの成績アップという大きな目的を達成することに繋がるのです。

そのためにも三者(親、子、家庭教師)の間でしっかりと、コミュニケーションを図るようにしましょう。積極的にコミュニケーションを交わすことで子どもは安心し、勉強へ降り組む時間が増えるかもしれません。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧