人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師を直接契約するメリット・デメリットとは?

公開日:2020/03/01  最終更新日:2020/03/11

子供の勉強をみてもらうために、家庭教師会社と契約をすることにより依頼した家に直接家庭教師が来て、マンツーマンで子供の勉強をみてもらうことができます。また、人によっては直接契約を結ぼうとすることもありますが、直接契約をすることによるメリットやデメリットをチェックしてみましょう。

直接契約は金銭的なメリットがある

子供の勉強の成績を上げるために、塾に通わせることや家庭教師を依頼するなどの方法があります。どちらも、子供にとってやりやすいほうで選択をさせるというのも一つの方法です。

ただし、塾の場合には、個別指導ではなく多人数に対して指導をするパターンも多いため一人一人に合わせた指導というのは難しい傾向があります。家庭教師ならば、マンツーマンによる指導のためその子供に合った指導ができる点から学ぶ側にとっても学びやすい傾向が強まります。

塾と家庭教師、それぞれ特徴がありますが、親としては金銭面などもある程度考慮する必要がでてきます。できれば家庭の負担をある程度減らしたい気持ちから、少しでも安く子供の成績が上がることを望む方も多いでしょう。この点からいくと塾のほうが家庭教師に依頼するよりも金額的には安く済ますことができます

また、しっかりと子供に合わせた指導を望むという方は、直接契約を持ちかける可能性もあるでしょう。中間のマージンがない点から金銭的なメリットがあるというのは事実です。

直接契約をするデメリットは規約違反

家庭教師会社では、直接契約をすることに関して規約違反あたる場合があります。禁止事項となっている場合もあるため注意が必要です。家庭教師と直接契約をするという場合には、家庭教師会社になんらかの形で知られてしまうと規約違反により賠償問題に発展してしまう可能性もあります。そのため、きちんと契約書をかわした際にどのような内容か把握しておくことも必要です。

直接契約が禁止条項となっていれば賠償問題リスクがあるということになるでしょう。会社側にバレず、直接契約を結べば金銭的なメリットはありますが、もしバレてしまった場合には賠償問題となってしまうという点からあまりおすすめはできません。

その他にも、人に教えるというスキルなどの問題もでてきます。きちんと会社側と契約をすることで、子供の指導をしてもらうことになりますが、子供との相性がよくない場合や教えるのが必ずしもうまい人とは限りません。その場合には、他の人と変更をするという選択ができます。しかし、直接契約をする場合には、子供との相性が悪くても他の人に変更ができないというのもデメリットといえます。

指導がゆるくなってしまう可能性もある

直接契約をすることで、最初のうちはきちんと指導をしてもらえる可能性はありますが徐々に、慣れてきてしまい指導がゆるくなってしまう可能性もあります。会社を通じての契約でないため個人同士で、ある程度親しくなってしまうと仕事としての認識が甘くなってしまうことにより、肝心の勉強の指導がゆるくなってしまうこともあるでしょう。

必ずしも、そのような状況になってしまうとは限りませんが、個人同士の契約というのは、それぞれがしっかりとした性格をしていないとどうしても気のゆるみが生じてしまうのも事実です。そのような状況となった際に、相談できる会社などがあるわけでないので、その点もデメリットの一つといえます。

 

直接契約は、金銭的なメリットはありますがリスクなどのデメリットも含みます。そのため、子供の勉強をしっかりとみてもらうためにも、きちんと会社側と契約を結び、指導をしてもらうほうがいいでしょう。

東京でも、いくつもの家庭教師会社が存在し、それぞれ特徴などもあるため安心して指導を任せられる会社を選び契約を結びましょう。子供の将来のためにも、きちんとした指導をしてくれる人を選び学ばせることが大切だといえます。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧