人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

東京の家庭教師と学習塾の違いとは?

補習や定期テストのため、受験するために塾や家庭教師を考える家庭はたくさんあります。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、優れているのはこれだと決めることはできません。

正解があるとすれば、それは子供に合っていることです。

目的や子供の性格、家庭の事情も考えて選ぶことが最善の方法です。

家庭や子供が無理せずに続けられるほうを選んでみましょう。

 

学習塾のメリット・デメリットは?

東京には学校も学習塾もたくさんあり、通う場合もどこにすれば良いのか迷いがちです。

学習塾は授業のスタイルが学校のように集団の場合と、少人数や個別指導の場合があります。

学校へ行く感覚で通いたいと思っているとき、友達と一緒に通いたいと思っている人には敷居が低い存在でしょう。

夏期講習や冬期講習で集中して学習することができるのも、学習塾のメリットです。

教える側も選び抜かれた先生たちで、有名校にたくさんの生徒を合格させている人がいるのも事実です。

デメリットを挙げるとすれば、集団で学習すると生徒がサボってしまう可能性があることです。

人数が多いと全員に目が行き届かないので、どうしてもだらけて友達とふざけたり分からなくても質問せずに終わったりすることがあります。

家から学習塾への通学路も、歩いて行かれる距離であれば安心ですが電車での移動が必要とされることも。

東京は遊ぶ場所が多く、繁華街は賑わって楽しいだけではありません。

塾が始まる夕方から東京の街なかに子供を行かせるのは心配ではないでしょうか。

 

家庭教師のメリット・デメリットは?

家庭教師は個別指導のため、分からないことがあってもすぐに質問することが可能です。

たとえ生徒が黙っていたとしても、教える側には分かるでしょう。

先生が家まで来てくれることが学習塾との最大の違いで、この違いに注目する保護者も多いはずです。

保護者が送迎したり、寄り道することがないか心配する必要がありません。

家の中で勉強しているので、学習の様子を把握することも可能です。

本当に集中しているのか、子供の様子を近くで見ることができるのはメリットですから注目すべきポイントです。

東京には家庭教師もたくさんいるので、どの先生が良いのか学習塾のように迷うでしょう。

口コミが学習塾よりも少ないので、比較することが難しいのはデメリットとして挙げられます。

家へ来てもらうので予定を合わせてもらえるのは便利ですが、料金が明確でなかったり高額だったりすることは保護者の側から見ると難点です。

保護者の目から見て良い先生でも、子供が気に入るとは限りません。

子供と先生の相性も、しっかり確認するべき点です。

 

子供の性格も考えて選ぶことが大切

家庭教師は高額というイメージを持っている人がいるのは事実ですが、最近はそれぞれの家庭の予算に合わせてプランを提案してくれるので安心です。

先生との相性が心配という保護者の方も多いはずですが、希望が出せるので補習や受験といった目的に合った先生を紹介してもらえます。

どんな先生が良いのか、具体的に希望があれば聞いてくれるところが多いので、気になることは最初に遠慮せず聞きましょう。

子供の性格を一番よく知っているのは保護者ですから、先生との相性が良いのか見極めることも大切です。

本人から聞いても良いですし、あまり自分から言わない場合は様子を見て判断する方法があります。

先生との相性が良ければ質問しやすく、先生が来る日が楽しみになるでしょう。

子供に合っているのかは成績を見れば分かるはずなので、すぐに「合う・合わない」を決めずに様子を見ることが大切です。

合わない場合でも違う先生に変更できるため、子供が無理せず学習できるように成績の変化を見守るようにして下さい。

要望をしっかり聞いてもらえるのは、家庭教師の最大のメリットです。