人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

東京で小学生が勉強するなら?家庭教師と学習塾と進学塾の違い

公開日:2020/12/15  最終更新日:2021/01/08


東京在住で小学生の子どもがいる保護者の多くが、学習方法に悩みを抱えているのではないでしょうか。学習方法の1つとして「家庭教師」、「学習塾」、「進学塾」の利用も挙げられますが、どこにしようか迷っている人もいるでしょう。この記事ではそれぞれのメリットやデメリット、特徴について紹介します。検討している保護者は参考にしてください。

「家庭教師」の長所と短所を徹底紹介!

小学生が勉強する手段のひとつである「家庭教師」の最大の特徴は、1人の先生が1人の児童に対してマンツーマンで授業を行うという点です。もちろん塾でもそのような学習形態を選ぶことは可能ですが、1対1で学べるという点は家庭教師の最大の特徴であり魅力でしょう。

そのため、その学習にあたっては授業を受ける曜日や時間帯、さらには授業の内容もすべて個人に合わせて設定してもらえます。授業についていくのが大変な子から、先取り学習をしたい子まで、さまざまな要望に柔軟に対応してもらうことが可能です。

習熟度に合った学びを進められるでしょう。ただし、派遣センターなどを通さずに個人で契約する場合は、トラブル時の対処や契約解除の申し出がしにくいなどのデメリットがあるようです。さらに、きめ細やかな指導を受けられるため、料金が高めに設定されることもあります。

「学習塾」の長所と短所を徹底紹介!

学習塾で多いのは、学校と同じように集団で授業を行うタイプです。その際には模試などの結果をもとに習熟度が同等レベルの生徒が集められていることが多いようです。自己解決能力や授業時間外に先生に質問していける積極性が欠かせません。

ただし、多くの塾でこれまでの経験や実績を踏まえた独自のカリキュラムにより授業を行うので、個人差が大きい家庭教師以上に授業の質が平均的に高い点は学習塾のメリットといえるでしょう。また、周囲と切磋琢磨しながら学べる環境が整っているので競争意識の中で頑張る気持ちが芽生えやすい点も学習塾の特徴であり魅力といえます。学習塾の中には個別指導を行っているところもあります。

ただし、「個別」という名が使われているものの1人の先生が、2~4名の指導をそれぞれの習熟度にあった内容で同時に授業を行うというのが一般的です。自分にあった内容の授業を受けられる点がメリットですが、複数の児童の異なる内容の授業を同時進行していることが多いので、タイミングによって充分に質問できなかったり手持ちぶさたになったりする時間があるかもしれません。

「進学塾」の特徴を徹底的に紹介!

このような学習塾の中でも、とくに入学試験の合格を最大の目標と掲げている塾のことを「進学塾」と呼びます。学校の授業の内容をより理解したいという思いを抱いている、定期試験でより高得点をあげたいなどのそのような思いを抱いている子どもは「学習塾」を選ぶべきといえるでしょう。

一方で、より長いスパンで達成したい、目標としている中学校に合格したいと考えているなら進学塾を選ぶべきです。進学塾では適正なレベルで指導を行うために入塾時に試験がある場合が多いです。その結果によっては入塾の基準を満たせず、そもそも入塾を認められない場合があるため、注意しましょう。

なお、学習塾と進学塾については、はっきりとどちらかを打ち出していない塾も多いです。ただし、チラシやホームページを見ればその違いがわかるケースもあります。合格実績が前面に出ていたら進学塾、学校のテストの点数が上がった生徒の声などが記載されている場合は学習塾といえるでしょう。そのため、ニーズに合った塾を選ぶようにしたいものです。

 

東京で小学生が学習する手段として、「家庭教師」、「学習塾」、「進学塾」の違いを説明しました。それぞれにメリットとデメリットがあるので、その違いを理解した上で、子どもに合った学習方法を選んであげましょう。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧