人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師との契約期間はどれくらい?

公開日:2019/07/01  最終更新日:2019/06/20

家庭教師との契約期間はどのくらいの期間、結ばなくてはいけないのでしょうか。

それは、契約をする会社によって異なることがほとんどです。

また、契約時に気を付けることなども含めて解説していきたいと思います。

東京で家庭教師を探している方は、是非参考にしてみてください。

 

契約期間は半年から一年・短くて一ヶ月のところも

家庭教師を雇う際、大多数の方が派遣会社を利用しています。契約時に期間について説明を受けますが、だいたい期間は平均で半年から一年で契約を交わします。

派遣会社の中には、期間を設けない会社もあります。できることなら、これから家庭教師の派遣会社を利用する方は、期間に特に縛りがない会社を選ぶことをおすすめします。もし期間内に、何か問題が発生した場合、簡単に解除をするのが難しくなる可能性があるからです。

例えば自分の子供と教師の相性が悪かったり、成績の伸びがいまいちだったとき解約をしたくなったとします。解除の申し立てをしたとき、それが期間内あれば契約途中の解除となり、違約金を請求されることがあります。

この違約金は3~5万円ほどでなかなかの高額になります。解除ではなく教師の交代だけだったとしても金銭が生じる会社もあります。このようなトラブルを防ぐため、最初から違約金が発生しない派遣会社を選ぶか、期間をなるべく短めにし、先生の要望もきちんと伝えるようにするといいでしょう。

期間は一ヶ月から設定できる会社もあるので先生を変えたり、解除したり可能性が少しでもあるなら、会社選びも慎重におこなわなくてはいけません。個人契約による家庭教師に関しては、期間を雇用側が自由に設定できます。ですが契約内容を全て、雇用者と家庭教師の二者間で取り決める手間が発生します。

 

家庭教師と会社の間の契約期間は約一年

余談になりますが、派遣会社と家庭教師との契約期間は約一年が基本です。少し長いですが、できるだけ同じ先生が一人の生徒に指導をできるよう、この期間にしているようです。

中には病気などのよほどの理由がない限り、契約解除をするのが難しい会社もあるのです。会社の方針が合わずに辞めたいとなったとしても、なかなかすぐに辞めさせてもらえず、困る家庭教師もいるほどです。

辞める意思をきちんと伝えれば、辞められますがなかなか疲れる作業になります。すぐに辞められないという状況から、通常の労働基準とは異なっているのがわかります。勿論全ての業者ではなく、とりわけ期間にこだわる派遣会社は、こうした決まりにこだわるところが多いようです。

 

契約期間はなるべく短めにしよう

教師側にしても、生徒側にしても、大切なのは期間ではなく指導内容・相性・環境が適しているかです。中には、長期で同じ先生に見てもらえたほうがいいと考えるご家庭もあるので、自分たちの考えにあった会社を選ぶのがいいでしょう。

ですが、期間を短めにしておけば、考えられるトラブルを回避できるので、なるべくなら一ヶ月~数ヵ月単位で契約を結ぶのをおすすめします。

 

家庭教師の派遣会社は契約期間が全くないところから、契約期間を設ける場所までさまざまです。期間を設ける会社は、期間内の解除をおこなうと違約金が発生する場合もあります。

そのため、事前に会社の評判や家庭教師の質を調べておくと、そうしたトラブルを未然に防ぐことができます。仮に評判が良い会社を選んだとしても、なるべく期間を短めに契約するのがいいでしょう。

また、契約書を作成する際も、こちらに不利益なことがないか確認をする作業も大切です。不審に感じることがあれば、必ず質問や話し合いをおこなってください。無料体験を利用できるのであれば、そちらも積極的に活用していきましょう。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧