人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

東京の家庭教師の仕事内容とは?授業の進め方について紹介

多くの人が生活している東京は、家庭教師を探している人もたくさんいる地域です。

実際に家庭教師を始めようと思っているけれど、どんな仕事をすればよいのか分からずに応募をためらっている人はいませんか。

最初は誰もが未経験、少しずつ覚えていけば大丈夫です。

長く続けていれば慣れるだけでなく、工夫して授業を進めることも可能になるでしょう。

 

子供とのコミュニケーションを大切にすれば成績も上がる?

家庭教師の仕事は、文字通り自宅まで来てくれる先生です。

保護者にとっては子供の送迎や、安全面への心配が減るところがメリットでしょう。

子供たちが最も気にすることは、どんな先生が来るのかです。

塾でもいえることですが、嫌いな先生では会いたくない気持ちが先行して勉強に集中できません。

授業をスムーズに進行して目標を達成するには、相性が大切です。

話しやすい先生であれば気軽に質問できるので、分からないことがあっても放置することが減るはずです。

最初から仲良くしようとすると、警戒されたり馴れ馴れしいと思われたりすることもあるでしょう。

時間をかけて少しずつ、コミュニケーションをとるようにすることが大切です。

家庭教師の仕事内容は勉強を教えることですが、子供の悩みを聞いたり雑談をしたりすることも必要なスキルとして挙げられます。

もちろん雑談ばかりするのはNGですが、雑談を通してコミュニケーションがとれるのは事実です。

授業に関係のある話題を出して、おしゃべりの延長であるかのように授業をスタートすれば楽しく進められるでしょう。

先生との相性が良ければ、家庭教師が来る日が楽しみになります。

仕事内容が明確に決められておらず、目標や子供の性格により変化することを覚えておきましょう。

 

保護者の要望に応えるために、報告は忘れないこと

塾よりも家庭教師を選ぶ家庭は、教育熱心である確率が高いです。

東京は人も学校も多いので、選択肢がたくさんあります。

選択肢の多い東京で、行きたい学校を選べるのは嬉しいことですが、有名校や人気校は競争率がとても高くなるのが現実です。

自宅へ来る先生のことを、保護者が厳しくチェックしていることも事実です。

先生を家に呼ぶのですから、清潔感やマナー等はしっかり見られていると思ったほうが良いです。

いくら教え方が上手い先生でも、清潔感に欠けていると生徒も保護者も家に入られることを不快に思うでしょう。

マナーが欠如していると、保護者は「子供に悪い影響が出ないか」心配するはずです。

だからといって、必要以上に緊張することはありません。

笑顔で爽やかに、明確に受け答えができれば問題ありません。

東京の出身でなくても、育った街の話ができるのは授業のときに有利です。

常識のある服装や立ち居振る舞いを心がけ、保護者から聞かれることがなくても生徒の様子を詳しく報告するようにして下さい。

特に頑張ったことを伝えると、あとで子供が褒められて喜ぶというメリットがあることを覚えておくと良いです。

子供のやる気につながるので、実践することをおすすめします。

 

学校の授業の進み具合を考えて、負担を減らす

授業の進め方は教える生徒の目標によって、大きく変化するはずです。

受験を考えている場合は志望校の出題傾向をしっかり分析したうえで、授業の進め方を考えることが求められます。

弱点の克服から志望校の出題傾向に沿って、授業を進めることが多いでしょう。

補習のため、定期テストで成績を上げるために勉強している生徒の場合、注意点が変わります。

学校の勉強と並行して、分からないところを中心に教えて下さい。

余裕が出てきたら予習として、少し先に進んでも大丈夫です。

補習が目的の場合、家庭教師は学校の勉強の復習がメインでしょう。

受験と共通点があるとすれば、それは定期テストに合わせることです。

テストに間に合うように、計画を立てて進めることが大切です。

学校の行事や部活動、生徒の家の都合も考えて計画することが求められます。

勉強が嫌いな子供はやる気を引き出すところから始める必要があるので、保護者とよく相談して決めていくことがポイントです。

コミュニケーションをとろうにも、人見知りをする子供は最初のうちは心を開いてくれないこともあります。

そんなときは保護者に相談して、何が好きなのか聞いてみると良いです。