人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師を依頼する際、家庭教師業者と個人講師の違いを知っておこう

公開日:2019/01/15  最終更新日:2019/01/07


家庭教師を見つける手段としては、派遣会社にお願いする手法と、個人契約の取り交わしを前提に講師を探す手法があります。

ですから、派遣する業者と個人講師の違いを知っておくことは、依頼する上で非常に重要といえます。

 

 

家庭教師業者を利用するメリットとデメリット

家庭教師派遣会社が自分の会社に在籍している講師から該当の子供にピッタリ合う人を派遣します。

派遣される教師は、現役の大学生からプロフェッショナルまで多種多様です。

メリットとしてまず 体験授業が受けられることがあげられます。

あらかじめフリーの体験に取り組んでいるところが多いことから、契約の取り交わし前に講師のクオリティや勉強への取り組み方を見定めることができます。

また、家庭教師のチェンジが可能です。

派遣講師と子供の相性が良くなかったときには、交代することができるシステムが少なくありません。

絶えず十分な人材が用意されているので、考えているような講師が見つかる可能性が高いといえます。

また、契約の締結そのものが明確でトラブルが生じにくいといえます。

ほとんどの場合、契約書により、契約の中身を明確化します。

その結果途中解約であるとか料金支払いについても契約書に沿いながらおこなわれるので、トラブルになりにくい利点があります。

一方デメリットとして 必要となる費用が高めです。

事務本部の管理運営が必要なため、コストが高いのが通例です。

 

個人契約で依頼するメリットとデメリット

個人契約の場合は講師が自らホームページを介してコマーシャル活動を行っていることもありますが、多くの場合紹介業者などを通して案内されます。

特徴として、契約の取り交わしが講師個人と家の間で為されることです。

プロフェッショナルとして独り立ちしている講師から、大学生アルバイトまで多種多様な講師がいます。

メリットとして トータルコストが安いことがあります。

組織運営が必要ないため、費用が安い設定になっているのが基本です。

また、講師を特定することができます。

個人を踏まえての契約の締結では非常に良い講師を探し出して当人と契約できます。

デメリットとして あらかじめ体験できないことや選べないことがあげられます。

個人の為、契約の取り交わしが成立していない局面での体験授業は実行しません。

また、いったん契約を取り交わしてしまうと、後になって子供との相性が良くなくても交代できません。

違う講師を依頼するためには契約解除し、ふたたび別の講師と契約し直すことが不可欠です。

また、トラブルが生じやすい面もあります。

個人契約は契約書を作成しないケースも多いです。

従って値段の取り決めや途中解約の処理法などがアバウトで、トラブルが生じることもあります。

 

子供の条件に合う活用法を考えましょう

費用の安さが条件であったり、先だって委ねたい個人の講師が明確になっているなら、個人を踏まえての契約の締結でも問題ないでしょう。

しかしながら、業者に委託する方が安全という面もあります。

個人契約の講師にも高い評価を得ている講師はいるでしょうし、業者も全部が良いというわけではありません。

メリットとデメリットを考慮して自身の目で子供の条件を満たす講師を見つけることが重要になります。

 

家庭教師を見い出す実施法としては、家庭教師を派遣する会社を活用するやり方と、個人的な契約の取り交わしを行う講師を見出すやり方があります。

あらためていうまでもなく、どちらの方法についてもメリットとデメリットがありますので、特徴および相違点をしっかりと理解することが非常に重要になります。

そして、月ごとの双方の料金差額分を支出するゆとりがあるのか、差が出た分の付加価値があるのか、付加価値が必須か否かという事が、決定のキーポイントとなるといえます。




サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧