人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

家庭教師と子どもの相性を見極めるためのチェックポイント

公開日:2020/07/15  最終更新日:2020/07/13

子どもの学力をアップさせるための方法として有効なのが、家庭教師を利用する方法です。マンツーマン体制での勉強によって、一気に学力がアップしていく子どもも珍しくありません。しかし家庭教師と子どもの相性によっては効果が出ないこともあります。そこで今回は、家庭教師と子どもの相性を見極めるポイントについてお話します。

どんな家庭教師を求めているのかを明らかにする

家庭教師を依頼する場合「子どもの学力をアップさせたい」という理由で「学力をアップさせてくれる講師」を探してしまいがちです。しかしもう少し条件を詳しくすることで、子どもとの相性はよいかイメージしやすくなります。

出身大学や年齢、経験の有無など、考えるべき条件はいくつもあります。こうした求めている条件をできるだけ詳しく設定することで、より相性のよい講師に出会いやすくなります。

またその際にはできるだけ子どもの意見も取り入れるようにしましょう。講師の性別や年齢などは子どもの意見に合わせてみるのもよいでしょう。講師選びに携わることで「自分が選んだからにはしっかり勉強しよう」という意識も芽生えやすく、モチベーションにつながることもあります。

「相性がよい」と「仲がよい」は別

家庭教師を依頼する前に、家庭教師とともに学習することに対して子どものモチベーションがどうなっているかをチェックすることも大切です。性格的に合う講師でも、勉強を教えてもらうとあまりよくわからない。成績もまったく上がらないならば、相性がよいとはいえません。

反対に性格的には少し合わないところがあったとしても、実際に勉強を教えてもらうとすごくわかりやすく、成績がぐんぐん上がっていくということもあります。性格も実力も兼ね備えている人がベストではありますが、子どものモチベーションを引き出せる相手であるかをしっかりとチェックしておきましょう。

受験のために家庭教師をする際は、受験しようとしている学校の卒業生かどうかというのもチェックしておきたいポイントです。受験したい学校の卒業生・在校生が講師であれば、講師とコミュニケーションをとる中で入学後のイメージが湧きやすく、モチベーションを高められることもあります。

体験授業を受けて相性を判断しよう

実績や学歴などは書類だけでも判断できますが、実際に会って授業を受けてみなければわからない点もあります。そのため、まずは体験授業を受けてみて「どんな感じの人なのか」「子どもにとっての印象はどうか」をチェックすることも大切です。

実際に授業を受けることで、挨拶やふるまいなどのマナー、時間の使い方、教え方などをチェックし、最終的に子どもの感想も聞いてみます。

求めている条件を満たしている場合には、その人に依頼し、もし満たしていないと判断したら相性があまり良くない可能性があるので、別の人の授業も体験できるかを講師の派遣元に問い合わせてみましょう。体験授業は無料あるいは格安で行っている場合が多いので、納得の講師に出会えるまで試してみるのもひとつの手です。

 

家庭教師を利用する場合は「子どもどの相性がどうか」が、結果を大きく左右する条件だといっても決して過言ではありません。この場合のチェックポイントとしては「どんな人物を求めているか」を親子間で明らかし、共有しておくことです。

実際に授業を受ける子どもの条件・求めているものをしっかりヒアリングし、互いに求める条件が異なった場合には親子間でディスカッションするのもよいでしょう。家庭教師と子どもの相性は、勉強に対するモチベーションに大きく影響します。相性のよい講師を選べるよう、家庭教師を選ぶ期間はある程度の余裕をもっておき、複数の会社で体験授業を受けて比較してみるのもおすすめです。

サイト内検索
東京の家庭教師ランキング!
第1位 合格王
合格王の画像
第4位 名門会
名門会の画像
記事一覧