人気の高い東京の家庭教師を比較ランキング形式でご紹介!【口コミでも評判のプロ家庭教師センターを厳選!】

東京で家庭教師を利用する際の注意点

東京で家庭教師に大学生を使う際には、その学年に注意する必要があります。

就職活動時期などは、生徒の希望通りのスケジュールで通えなくなる可能性もあります。

東京は家庭教師の数が多く、すぐ交代させることもできますが、慣れて気に入っている家庭教師がそうした理由でなかなか来られなくなった場合にどうするかを事前に考えておくことが望まれます。

 

大学生は自身の進路が最優先となる

東京で大学生の家庭教師を使うときは、就職活動の時期にはなかなか来られなくなる場合もあることを想定しておいたほうがいいでしょう。

東京は企業数が多く、ほとんどの学生が数多くの企業訪問をおこないますから、活動期間も長くなりがちです。

連日の企業訪問だけで手一杯となり、家庭教師のアルバイトに従来通り定期的に通うのが難しくなる場合もあります。

それが中学3年生の定期テスト前だったりすると、無視できない問題となります。

家庭教師が大学3年生の場合は特に、その点に注意しておく必要があります。

大学生のほうでそのことは十分考えているはず、とお金を支払ってサービスを利用している方は考えがちですが、まだ社会人としての経験もなく、就職活動もまったく未知のことですから、事前に状況がよく把握できずに受験生の家庭教師を引き受けることもないことはありません。

家庭教師派遣センターで利用者宅の都合最優先と言い聞かされていても、就職活動時期への考えが甘く、その時期になって結局都合がつかなくなることも考えられます。

 

プロなら絶対確実というわけでもないが

プロの家庭教師なら、利用者宅の希望通りのスケジュールでずっと通う可能性は高いですが、学生と比較すればのことであって、絶対というわけでもありません。

不測の事態というのはあるわけで、ただそれを気にしていたら切りがありません。

大学3年生の場合は時期としてそうした傾向があるということが、注意点とはなります。

受験生でなければ、気に入った家庭教師の場合はその時期になかなか指導が受けられなくても、交代させないほうがいい場合もあるでしょう。

気に入って手放したくなくなるような家庭教師に当たるケースは、決して多くありません。

次の担当者がそうした人材であるかは不確かですから、一時期足が遠のいても、その後1年以上利用できるなら、そのほうがいいという判断もあります。

受験生の場合にどうするかが注意点となります。

最初から大学3年生を選ぶのは、少々不安な場合もありそうです。

面接時にその時期でも通うと確約されていても、やはり新卒入社という生涯でただ一度のチャンスがかかった時期ですから、そちらが優先される場合もあるでしょう。

 

東京は家庭教師の選択肢が非常に多い

東京はもともと家庭教師の選択肢が多く、近年は大学進学率が50%を超え、大学生の数も相当増えていますから、利用者宅はより取り見取りの状況です。

希望条件を細かく設定しても、希望に合う講師が見つかる可能性は、地方に比べ格段に高くなります。

一か所のセンターですぐには見つからなくても、数カ所に依頼してある程度の期間をかければ、見つかる可能性が高いです。

最初から妥協する必要はありません。

最初に紹介された講師を断って、次がなかなか見つからなかったら、と危惧する必要はないでしょう。

むしろ条件に合わないのに依頼して、子どもが家庭教師という方法に幻滅したり、時間を費やしても成績アップにまったく役立たなかったりしたら、そのほうが困ったことになります。

受験生の場合は、最も大事な時期に休まれるというのが困ります。

中学3年生は、定期テストの結果で志望校の合否が半分決まる場合が多いので、4度の定期テストのどれも落とすわけにはいかない状況です。

5月から12月まで、夏休みを除いて休むことなく通える家庭教師であるのは必須のこととなります。